お店を効率的に経営する 使いやすいポスレジランキング

Home > ポスレジの豆知識 > ポスレジとは

ポスレジとは

ポスレジとは売上が生じる段階で、購入した商品の値札において与えられているバーコードに関する情報をスキャナーによって瞬間的に読込み、商品の部門や、品名それから、額面などをディスプレイに表しシートに印刷することが出来ます。 並行してレジ本体のメモリーに対していろいろな重要な情報を記します。この記録されたデーター数値を解析し、売れ筋などの商品をスピーディーに適切に見い出し、商品をできる限り早く充足させ、不良在庫の商品をディスカウントなどで処理し、ストック品の回転を計る商品管理が行われます。加えて、いつ、どちらの利用者がどういった商品を購入して頂いたかを覚えさせ、集計により利用者に対するサービス向上であるとか、売上のデーター数値を考察して売上確保、あるいはユーザー満足度を引き上げることが実現可能です。

色々な業態の実際の店舗におきまして、既存の現金を出し入れするのみのレジスターからポスレジの時代に変化しています。実際の店舗が増加してきているのは、あらためていうまでもなく、導入することで得られるプラスの点が多いためです。 飲食、あるいは小売やサロンといった多種多様な業種が見られる中で、オーダーから会計あるいは人気になっている商品の売れ筋のチェックそれから、在庫管理というものが手間なく可能となります。 単にこれまでの手間のかかる処理を従業員にかかる費用をかけて実施していたことがポスを活用することでスピーディーに安く済みます。利用者に対しても応対のスピードそのものが早くなります。とりわけ商品の間違い、あるいは計算ミスなどの失敗が無くなり利用者を待たせする時間を軽減できます。

それに加えて、クレジットカード払いの場合であっても、会計額のインプットの時間も不要になり、会計処理のケアレスミスを避ける事ができます。 その上、不正防止にもつながります。絶対的不正防止とはいかないでしょうがインターネットの状況の下での販売状況や管理そのものがリアルタイムでチェックすることができます。ですから、不足している額があったケースであっても速攻で確認ができます。ほかにも自動釣銭機も取り入れたケースでは更にパワーアップします。飲食店では衛生的な側面でも金銭に接触する局面が減少しますので安心することができます。 とりわけいくつもの店を経営している所でも本部においてまとめて管理が出来るので常時リアルタイムな重要な情報でマーケティングに対して役立てます。

ページトップへ