お店を効率的に経営する 使いやすいポスレジランキング

Home > ポスレジの豆知識 > ポスレジはどんどん進化しています

ポスレジはどんどん進化しています

百貨店やスーパーマーケットなどの小売店で、絶対に必要とされるのがレジスターです。
ですが最近のレジスターは、ポスレジとも呼ばれ、金銭を扱うだけでなく、商品の在庫や顧客の判断材料も出来るようになっています。
いつ、どこの売り場で、何が、何個売れたのと言ったデータが瞬時に判かるようになっているレジスターです。
詳細な販売データーを作り上げることが出来ることで、在庫などの商品管理も楽になると言ったシステムになっています。
また、一日、週間、月間と言ったごとに売れ筋も把握出来ることから、ユーザーの志向を読み取ることも可能になっています。
更に最新のものになると、バーコードで読みとる方式が増えています。
これはレジのう打ち間違いを減らすことになり、店舗運営の無駄を大きく省くことになっていると言われます。
つり銭は、示された金額だけが、出て来るようなシステムもあり、金額の間違いと言ったイヤなこともなくなる時代になっています。



店員の会計の手間を削減できるポスレジ

お店にて働く方々は、レジで会計を行ってはいます。
ところが採用しているレジの機械によっては、効率が今ひとつだと感じられる事があります。
というのも一昔前のレジですと、作業に要する工数が少し多いです。
1人の来店客に対する会計を完了させるまでに、5分ほどを要してしまう事もあります。
それだけに、レジ打ちに大きな労力を感じている店員の方々も多いです。
ですから店員としては、なるべく労力を抑えたいと望んでいる事も少なくありません。
そしてポスレジには、その労力に関わるメリットがあります。
そのレジの操作は、工数が非常に少ないです。
バーコードの読み取りと入力という2つの作業を行うだけで、会計が完了する傾向があります。
それだけに従業員に対する負担は、軽減できる訳です。
それだけレジに費やす時間を削減できるのは、ポスレジのメリットと言えます。



お釣りのミスが発生しづらいポスレジ

販売業務におけるレジ打ちは、たまにミスが発生する事があります。
例えば、お釣りの金額を間違ってしまう事例は意外とよく発生しています。
状況によっては、それで来店客に注意されてしまう事もあります。
またお金に関わるミスですから、一歩間違うと大変です。
売上数字の伸び悩みを引き起こしてしまう可能性もあります。
ところでポスレジは、ミスを防止できるメリットがあります。
というのもこのレジは自動的に会計を行ってくれる訳ですが、そのシステムの都合により、お釣りの金額ミスが発生しづらい機械だからです。
例えばお釣りなども、その機械の所定箇所から自動的に出てきます。
自分でお金を取り出す時には、うっかり間違ってしまう事もありますが、それも正確に出してくれる訳です。
万が一のミスを減らして、売上に対する悪影響を防止できる点は、ポスレジの大きな魅力の1つです。

ページトップへ