お店を効率的に経営する 使いやすいポスレジランキング

Home > ポスレジの豆知識 > ポスレジをipadで便利に

ポスレジをipadで便利に

 ポスレジとは、飲食店や小売店で、商品が売れた際にレジを通して売り上げやいつ何がどのように売れたかをデータとして管理できるレジシステムのことです。これを使うことで売れ筋商品や不良在庫の確認、客の傾向、売り上げの管理などが一括で行うことができ、今後の販売動向や集客を考える上で非常に役立ちます。
 また今まで手作業で行っていた締め作業をデータで行うことができるので、手間が省けるのはもちろん間違いが減り、より正確な売り上げ把握ができるようになります。このポスレジを使うためには従来のキャッシュレジのような大きい端末は不要で、パソコンやタブレットを用いることができます。ワンタッチ操作で直感的に使うことができ、画面上で多くの情報を扱うことができる点でも、商品管理や注文を受ける際の動作をスムーズかつ正確にすることができます。

 ポスレジを使うための端末はいろいろありますが、中でもipadを使うのがとても便利です。タブレット端末として大きなシェアを獲得し多くの人が触れたことのあるipadは、複雑さがないので扱いやすく慣れやすいメリットがあります。またシェアが大きいことから対応しているポスレジアプリの種類も多く、店舗に見合ったものを選びやすいというメリットもあります。例えばアパレル店と飲食店では商品の売り方が異なりますし商品の分類法やターゲット層も異なります。
 アプリの種類によってどのような情報の管理に特化しているか、実際の販売員が感覚的に使いやすいのはどれかが変わってきます。また、導入費用やデータの管理にかかる費用、サポート料金もアプリによって異なるので、ポスレジをどう活用していくかで選択すべきアプリを考えるのがお勧めです。

 またipadを使うメリットとして対応している周辺機器の多さがあります。レジとして使うならレシートは出力したいですし、キャッシュドロワーで現金の管理も行いたいです。クレジットカード決済に対応できれば集客率を上げられる可能性がありますし小売店ならバーコードスキャナーも必要です。これらの周辺機器は売り上げ管理や販売をより快適にでき、ポスレジを効率よく使う上で欠かせません。
 またiphoneなどさらに小型の端末との連携もでき、これらをオーダー端末として用いれば導入コストをさらに抑えられるだけでなくより持ち運びやすく快適に操作ができます。さらに、データをクラウドで管理すれば外出先や自宅でもデータを見ることができ、オンラインで他の従業員と共有することも可能です。これで店舗で残業してミーティングを行うこともなくなり、人件費の削減や待遇の改善にもつなげることができます。

ページトップへ