お店を効率的に経営する 使いやすいポスレジランキング

Home > ポスレジの豆知識 > ポスレジシステムは生産管理にも役立ちます

ポスレジシステムは生産管理にも役立ちます

ポスレジシステムに関しては店内の販売品管理に加えて、倉庫のストック品をマネージメントしたり生産管理にも結びつくことが可能です。
人気上昇中の販売品は倉庫の在庫を用意しておかなければ、完売の可能性があります。
そのため生産する量を引き上げることが求められます。
要するにこれから先の商品の総販売数の見通しを立てることで、生産する量を増加させることにより在庫切れを避けることが出来るようになります。
それから生産管理を効果的に活用することによって、倉庫の在庫の量を最低限にセーブすることも可能です。
結果的に、倉庫のための費用をセーブすることで収益性を改善することに結びつきます。
以上のようにポスレジシステムを用いることによって、ありとあらゆる部署での能率化を推し進めることができます。
結果として、収益性を高めることに結びつきます。



ポスレジのデータ数値による解析方法

ポスレジのデータそのものは直ぐにグラフという形で検証することが可能です。
まず第一に販売数が連日どの程度で変遷しているかを注目するようにしましょう。
このことから、どの程度の販売品が実際に売り上げを伸ばしているのかがわかります。
右肩上がりか、右肩下がりか横ばいかに関してチェックするようにします。
それから、その要因を考察するようにします。
これに関しては曜日毎にチェックしてみるといいでしょう。
曜日により需要の高いもの売却出来ないものがあることが明らかになってくるでしょう。
そうすれば、その曜日に対してどういったものを用意すれば売ることができるのかという事も理解できてくるでしょう。
それから、これに気象状況といった重要な情報をプラスしたり、月末、あるいは給料日といった特定の日の必要な情報をプラスしてみると、当日にどのようなニーズがあるのかということが理解できてくるようになるはずです。



ポスレジを導入するにはコストがかかります

能率化のポイントにおいてとてもアドバンテージが大きいポスシステムですが、留意すべき点と考えられる点は費用の高さといえます。
現在はかなり導入のための費用は安価になっていて、端末の形態を問わなければ無料で活用することも実現可能です。
このことにより、かつてと比べて相当ポスシステムを組み込みしやすくなり、現実の上で採用している会社組織に関しても増加傾向にあります。
しかしながら、業態によりましてポスレジ型が不可欠となってしまうケースもあるので、そうした状況では100万円をオーバーする導入のための費用が掛かってくることがよくあります。
さらに、かりに導入のための費用が無料で導入できたとしても、長期的にセーフティーに活用していくためには保守のための費用が求められます。
原則として専門会社と契約書を交わす形となるせいで、1年間で数万から数十万円程度の費用が長い期間にわたって発生します。

ページトップへ