お店を効率的に経営する 使いやすいポスレジランキング

Home > ポスレジの豆知識 > 初期費用があってもメリットは大きいポスレジ

初期費用があってもメリットは大きいポスレジ

多くのお店では、ポスレジの導入を前向きに検討しています。
ですが検討段階で、二の足を踏んでいるお店も多いです。
というのもそのレジを導入する為には、初期費用が必要だからです。
それも、そこそこ大きな数字になる事例も目立ちます。
初期費用がやや大きいと、お店の担当者としては迷ってしまう事も多いです。
しかし実際には、導入する方が良い事も多いです。
というのもそのレジには、法律に関する明らかなメリットがあります。
例えばレジの作業時間などは、大幅に短縮される事が多いです。
またレジの会計に伴う集計作業なども、かなり効率化する傾向があります。
それで作業時間が大幅に短縮されれば、結局はお店の売り上げ数字が高まる事も多いです。
一番最初に費用は支払う事にはなりますが、結局は元は取れる訳です。
費用対効果は十分大きい訳ですから、前向きに検討する方々も目立ちます。



従業員の不正を防止できるポスレジ

物販を行っている会社としては、不正に関する不安感を抱えている場合があります。
なぜなら、従業員の不正行為も考えられるからです。
レジ業務などでは、もちろん金銭の受け渡しがあります。
しかし従業員が何か良くない事を行ってしまい、不正行為が発生する可能性もゼロではありません。
その確率は非常に低いですが、万が一の事態を懸念している担当者の方々も多いです。
ところでポスレジは、その不正防止に関わるメリットがあります。
というのもそのレジの場合は、お釣りが自動的に出てくるからです。
従来のアナログ型のレジの場合は、あらゆる作業が手入力になっています。
その都合上、不正行為も発生しやすいシステムとも言えます。
ところがポスレジの場合は、お釣りが自動的に所定個所から出てくる仕組みですから、不正が極めて発生しづらい訳です。
安全性が高めである点は、ポスレジの大きなメリットと言えます。



独自ポイントのミス発生率が低いポスレジ

多くのお店では、独自ポイントが採用されています。
いわゆる囲い込み戦略の一環として、割引が発生するポイントがあるお店も少なくありません。
ところでお店によっては、そのポイントの計算が間違っている場合があります。
それで一部の顧客が損をしてしまう可能性もある訳です。
なぜミスが生じてしまうかというと、金額の算出方法に誤りが発生しやすいからです。
そしてポスレジには、ポイント計算の正確性にメリットがあります。
そのレジの場合は、様々な計算を極めて正確に行ってくれます。
少なくとも従来のアナログのレジと比べれば、かなり精度が高い計算を行う事ができます。
それだけに独自ポイントに対するミスも、発生しづらくなる訳です。
それで従来よりも囲い込み戦略が、効率化する事もよくあります。
ですからお店にて何らかのポイントを採用している時などは、ポスレジが検討される事も多いです。

ページトップへ